一年以上経過するこの状況がいつまで続くのかと思われている方が殆どだと思います。
そのような中、これまでの生活から一転し、過ごし方の変化を経験されている方も殆どだと思います。

私自身も外出、特に外食する機会が随分と減ったことから食生活が変わり、体調の変化を感じるようになってきました。

また、新たな時間を得ることにより、これまで取り組むことが出来なかった内容に取り組む方々もいらっしゃると思います。

閉塞感に苛まれることも多いと思いますが、少しでも有意義な時を見つけながら、この状況を乗り切っていくことが出来ればと思います。