昨日は、カタールワールドカップ・アジア2次予選 日本対モンゴル が開催されました。
コロナウイルスによって昨年開催が出来なくなり1年4か月振りに開催されましたね

サッカーファンの私が楽しみにしている中、日本代表が最終予選進出へ王手をかけた90分間で、24年ぶりに「ある記録」が塗り替えられました

14 対 0

日本が戦ってきたワールドカップ予選における最多得点記録は、フランス大会進出をかけた1997年3月と6月に、ともにマカオ代表との1次予選であげた10ゴール。国際Aマッチ全体でもフィリピン代表を15-0で破った、1967年9月のメキシコ五輪アジア予選に次ぐ歴代単独2位のゴール数になりました

サッカーの試合でこれだけの差が付くのはプロの世界ではなかなかありません

まだ2次予選で、最終予選が残っているので喜んでばかりはいられませんが、
昨日の結果を見てしまうと、期待せずにはいられません。
コロナ禍でまだまだ大変厳しい状況ですが、すごく勇気をもらえる出来事でした
がんばれ、日本


膜K