この日を聞かれたとき、何を思い出されるか、すぐに答えられる方はある程度年齢を重ねられた方でしょうか。

12月14日は、赤穂事件の吉良邸討ち入りの日に当たります。

その当時の暦は旧暦でありましたので、新暦に換算すると1月30日になるようですが、今の新暦の時代でも12月14日に地元では赤穂義士祭が執り行われるようです。

学術的には色々な見解があるようですが、私共にとっては、人形浄瑠璃から始まり、歌舞伎そして映画・ドラマなどでの「忠臣蔵」の印象が強く、正に今催される京都南座の顔見世興行では、祇園一力茶屋の場が、松嶋屋の大星由良之助で上演されているようです。

かつては、この時期になるとテレビでも、ドラマや映画の放映が複数ありましたが、今はCSでの放映に限られている様子です。

「時に元禄1512月の14日、江戸の夜風を震わせて・・・」

今夜は、あの歌声に思いを馳せようかと思います。