3月3日は雛祭り

ということで我が家も先日雛人形を飾りました

雛人形にも種類があるんです

まず、衣装が衣装着と木目込みの人形の2種類分けられます
衣装着人形・・・仕立て上げた着物を着せ付けて作った人形
木目込み人形・・・型の溝に沿って裂を貼り込んだ人形

更に京雛と関東雛の2種類があり、これらの違いは飾り方にあるんです
京雛は、向かって右側にお殿様が座り、向かって左側にお姫様が座ります。
関東雛は、向かって左側にお殿様が座り、向かって右側にお姫様が座ります。
 
そして、雛具の繊細さにも驚きました。

昔は、雛人形を使って遊ぶ雛遊びをしていたとのことです。その為、雛具も人が使う物と同じ作りで作られているという話しを聞きました。

しかし、せっかく綺麗な人形の髪が崩れたり着物が汚れたりするのが勿体無いと思うのは私だけでしょうか・・・

因みに、静岡は雛人形、雛具の産地としても有名です。

静岡だけでなく、各地の伝統工芸品に目を向けるのも楽しいのではないかと思い始めたので、目を向けてみたいと思います

鉄骨 T