717日(日)に大井川港特設会場で行われた、「踊夏祭(おどらっかさい)」に行ってきました。ちょうど1年前にも投稿していますが、所属する吹奏楽団でこのイベントのオープニングセレモニーをお手伝いしています。このイベントは名称通り踊りがメインのイベントで、メインステージではテーマ曲を使ったダンスコンテストやフリーダンスステージが行われますが、今年はダンスコンテストの審査員にAKBグループのメンバーが来ていたようです(オープニングセレモニー後はステージから離れてしまったので私は見ていないんです)

 ただ、私は個人的にはダンスよりも海上自衛隊が展示するものに興味があります。昨年は「揚陸艦」でしたが、今年は「水中処分母船」というものでした。

水中処分母船



 この船は、機雷や不発弾、水中の爆発物処理などを行う「水中処分隊」の支援を行うのが主な任務だそうで、船体中央には作業用の大きなクレーンが装備されていたり、船尾には処理作業に使うのであろうゴムボートが置いてありました。

 船内も見学することができて、操舵室にも入ることができました。

操舵室



 ソナーやらGPSやら、パッと見で何かわかるものも結構ありました。船内を進むと色々装備が展示してありましたが、それら以上に印象的だったのが船内で最後に見た飲料の自動販売機。

自販機



 そもそも自動販売機が置いてあるというのに最初驚いたのですが、このご時世ワンコインで買える安さに再度驚きでした()