こんにちは。長野市出身、新入社員のけいまです。

入社から2ヶ月が経ちましたが、まだまだ覚えることが多く勉強の日々です。

さて、入社後の営業研修にて、「ライスター」という言葉を耳にしました。

調べてみるとシートを溶着する道具だということが分かったのですが、
使用する温度表示に500とか600とか書いてありまして、

「これを現場で使うのか・・・
そういえば私の父は建築資材の販売に携わっていたな。」と思い出し、
ゴールデンウィークの帰省ついでに聞いてみると嬉しそうに

「やってみる?」との返事が。
はい、やってみることになりました。

1234

ぎこちない手つきで溶着していきます。
何かぼこぼこしてしまいましたね。

本音を言えば父には温度のことだけ聞きたかったのですが

「なんでも使ってみなければわからないし、
お客様に説明出来ないものだよ。」とのこと。

営業の心構えを教えてもらった気がします。

こころなしか父の背中が大きく感じました。


溶着が終わると実家の懐かしい味、『こごみ』を食べながら、
営業のツボについての長いお話し付きでした。別の意味でお腹いっぱいです。
休みの日はあんなにもゴロゴロしかしていなかった父が
こんなに立派な営業マンだったなんて、と思わされたひと時でした。

私も早く仕事も覚え、立派な営業パーソンになれるように精進します。


大阪 けいま