今年の2月に東京マラソン参加してきました。10倍以上の競争率を勝ち取り初参加です。東京マラソンは前日までに受付を済ませなければなりません。受付会場の東京ビックサイトは大変な盛り上がりで各メーカーの出品ブースが多数あり、高橋尚子さん、有森祐子さん、猫ひろしさんら有名選手が大会を盛り上げていました。

当日は910分のスタートで、8時までに手荷物(ゴール後受取)を預け自分のスタートエリアまで移動します。申告タイムでスタートエリアがAKに分類されていて、私はFエリアからのスタートです。冷たい風が吹く中、スタートエリアで30分以上待たされました。参加人数30000人は相当なもので、猪瀬都知事のスタートの号砲からスタート地点を通過したのは約7分後でした。目標タイムを5時間に設定し5㌔ごとのタイムを気にしながら走りました。シューズに付けたチップでスタートタイムと5㌔ごとネットタイムが分かるようになっています。

新宿から日比谷を通り品川で折り返し、銀座までくると中間地点になります。この辺までは余裕で周りのランナーと会話したり、仮装ランナーに一喜一憂してました。

目標2時間1015分のところ通過タイムが2時間19分だったので、中間点までは予定通り走ることができました。後半銀座から浅草に向かい雷門、スカイツリーを見て、再び銀座に戻ります。トレーニングで20㌔までしか走ってなかったので、案の定歌舞伎座あたりから段々ペースが落ちてきて、ついには歩いてしまい、3035㌔が45分、3540㌔は55分もかかり、結局ゴールは5時間20分でした

参加人数やボランティアの数にも驚きましたが、沿道の応援も途切れることなく、今までいくつものレースに参加してきましたが、規模と満足度は最高でした。

来年も当然参加申し込みをしましたが、残念ながら落ちてしましました。

ただ毎年参加していた駿府マラソンが静岡マラソンとして距離もハーフからフルマラソンになります。制限時間5時間30分・・・エントリーしてみようかな。
東京マラソンゴール

中部・Y