秋というのに日中はまだ暑く、暖房器具など考えたくもありませんが、冬にむけてそろそろストーブのメンテナンスをしようと思っています。
このストーブは、ALADDIN ブルーフレーム シリーズ37です。製造は1973年頃だと思います。
我が家の暖房は、このブルーフレームとこたつのみです。あまり暖かくなりませんが、雰囲気と雲母窓から見えるブルーの炎がたまらなく好きです。
耐震装置は空気消化方式となっていますが、当時の日本の基準に合わせた明らかに後付けと分かる代物です。(スプリングで押し出した空気を直接炎にあてて消化させる)
M工房

アラジン1アラジン2